愛知県田原市医師会在宅医療サポートセンターでは住み慣れた場所での療養を望まれるみなさまを心を込めてサポートいたします。

よくある質問Q&A

在宅医療って何ですか
通院困難な患者さんが過ごす自宅(もしくは施設)等に医師等が訪問して医療を継続することです。
医療を継続するためには医師だけでなく看護師・介護職等多くの職種の協力支援が欠かせません。
今では、薬剤師や歯科医師の訪問も受けることができます。
かかりつけ医は必要ですか?
かかりつけ医とは、日常の診察や急な病気・健康診断等、個人の健康管理や健康相談に対応してくれる身近なお医者さんです。また、かかりつけ医を持つことで病院への受診や検査がスムーズに行われる仕組みや医師同士の連携も取られています。
ご自身の健康状態を知っている、相談できるかかりつけ医を持つことをお勧めします。
健康な方は、定期的な健康診断を受けることで関係を保つことができます。
訪問診療と往診の違いは何ですか?
訪問診療は、計画的に予定を立てて自宅に訪問し医療を継続することです。
往診は、訪問診療を受けている方が急に熱が出た等様態が変化したときに患者さんやご家族からの要望を受け、臨時で訪問し診療を行うことです。
病院に通い続けたいのですがいけませんか?
病院は救急患者さんや入院患者さんを中心に診療にあたることが主な役割です。
生活習慣病や慢性の病気など安定した症状や風邪など短期間で治療できる人が多く来院すると、緊急時の対応にも支障を負いかねません。病院の主治医と相談して身近な医院へ紹介していただきましょう。
今は、初診の方が紹介状なしに直接病院を受診すると治療費以外に初診に係る費用を別途徴収されます。
(緊急時は除く場合や、病院(病床数)により費用が異なります。)
医療機械や処置が必要な人も家で過ごせますか?
医療機器や医療処置が必要な場合も家で過ごすことは可能です。
医療の度合いが強い方は、急な対応が必要なこともあります。
かかりつけ医だけでなく、訪問看護ステーションなどを利用することで24時間・365日看護師が緊急時の対応や相談に応じていただけるサービスもあります。
病気があっても住み慣れた我が家で最期まで過ごすことはできますか?
本人だけでなく、ご家族等支援していただける方も同じ思いがあれば可能です。
痛みの調整や自宅で最期(看取り)を迎えることも可能です。
医療だけでなく、看護・介護等ケアマネジャ=を中心にチームで対応していただけます。
家で最期まで暮らしたいけど家族へ負担はかけたくない・・・どうすればよいですか?
ご家族への負担が少なく無理や我慢をしないよう、色々なサービスを利用することができます。
介護保険をお持ちの方はケアマネジャーさんに相談しながら個々の要望に沿ったプランを立てていただきましょう。急な病状の変化にもチームで対応していただけます。
普段からどのような最期を迎えたいかをご家族で話し合ったり、終活ノートを書いておくことも一つの方法です。
病院の主治医からそろそろ在宅へと言われたけど、どうして良いのかわからない?
病院入院中であれば、地域連携室の医療ソーシャルワーカーや退院支援看護師が相談に応じてくれます。
在宅でかかりつけ医を探される場合は在宅医療サポートセンターにご相談ください。
患者さんやご家族だけでなく、医療・介護職等の専門家のご相談にも対応いたします。

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
… 営業日
… 定休日

営業時間

平日
8:30 ~ 17:00
 
第1・3 水曜日と土曜日
8:30 ~ 12:30